きれいになりたい
毎日のスキンケアに美顔器をプラスして、肌悩みを解決していきましょう。
コスメ

シミ予防の化粧水は何がいい?シミ予防の食べ物と紫外線対策で美白になる!

シミ 予防 化粧水

「ちょっとだけの日焼け」を甘くみていませんか?
肌に紫外線があたり、肌の中にある紫外線の貯金箱がいっぱいになると、シミができてきます。

ある日突然できるように見えるシミも、実は生まれてからずっと浴びてきた紫外線の積み重ね(貯金)が、シミとなって突然現れるんです。

ちょっとの外出だから素肌のままでいいわ…
洗濯物を干すだけだから、いちいち日焼け止めを塗るほどでもない…

こんな油断が、少しずつ紫外線貯金を増やしていきます。
毎日の、紫外線対策以外に、美肌を守る道はありません!

シミ予防の化粧水は何がいい?

シミ 予防 化粧水

シミを気にする人のほとんどが、ビタミンCを摂っています。
ビタミンCには抗酸化力があり、紫外線に対する抵抗力をつけるのに役立ちます。

ビタミンCは紫外線によって発生した活性酸素を取り除き、皮膚を守ってくれます。
ビタミンCはシミ予防にとても効果があるんです。

だから、普段からビタミンCをたくさん摂ると、シミをできにくくしてくれます。

化粧水には、できてしまったシミを薄くしてくれる化粧水と、これからできるシミを予防してくれる化粧水があります。

化粧品でシミ対策をするのは、一番簡単で効率のよい方法です。

たくさん美白化粧品が販売されていますので、配合されている美白成分を確認しながら、美肌に効く化粧品を紹介しますね。

シミ予防の化粧水のおすすめ

シミ 予防 化粧水

シミを薄くして肌の透明感を高めましょう。

シミはできてしまったものを薄くするのは根気がいります。
だから、シミができないように予防するのが一番です。

毎日のお手入れで使う化粧水や美容液で、美白しながら予防をしていきます。

気をつけたいのは、自分でお手入れしても消せないシミがあることです。
美白化粧品が効かないシミは「脂漏性角化症」「花弁状色素斑」です。

日焼けのあとによくできる「老人性色素斑」や、虫刺されやニキビ跡にできる「炎症性色素沈着」は、自分で消せますよ。

年齢肌によく現れるシミは老人性色素斑が多いんです。
だから、毎日のお手入れで消せるんです。

ビーグレン ホワイトケア

シミ 予防 化粧水

ビーグレンの「ホワイトケア」はシミを薄くしてくれるトライアルセットです。

シミ対策にはハイドロキノンを使うとかなり効果が期待できます。

「ハイドロキノン」はシミそばかすの原因となるメラニン色素ができるのを抑えるだけでなく、できてしまったシミを漂白する作用もあるんです。

ハイドロキノン配合の美容コスメといえばビーグレンの「ホワイトケア」ですね。

「ハイドロキノン」を使うと、シミはゆっくりと薄くなっていきます。

ただし、乾燥肌の人がハイドロキノンを使うとピリピリすることがあります。
そのため、保湿をしっかりしなければ乾燥がひどくなってしまいます。

なので、トライアルセットでお試しをしてくださいね。

ハイドロキノンの働き

シミがある部分はターンオーバーがうまくいかずに、部分的にメラニン色素が残って、沈着している状態です。

きちんとターンオーバーができれば、メラニンがはがれ落ちてキレイなお肌が表面に出てきます。

出来てしまったシミは美白成分が入った化粧品(医薬部外品)を使えば、時間はかかりますが必ず薄くなります。

ビーグレンの「ホワイトケア」でお手入れをすると、浸透テクノロジーにより肌の奥まで美容成分を届けることができるんですね。

その結果、ターンオーバーが促されて、きれいな肌が肌表面に出てきます。

ビーグレンの浸透技術は医療レベルなので、直接メラニンに働きかけてお手入れができます。

ハイドロキノンは出来てしまったシミを薄くする役割の美白成分です。

ビーグレンの美白化粧品の魅力は、すでにできている濃いシミを漂白作用でキレイにすることができるところです。

しかし、ハイドロキノンはそのままでは肌になじみません。

ビーグレンの浸透テクノロジーは肌の奥までハイドロキノンを届けることができる技術です。

シミに届いてこそ、ハイドロキノン本来の効果を発揮させることができます。

ビーグレンの「ホワイトケア」でお手入れを続けると、ターンオーバーが正常になり、シミが薄くなっていきますよ。

ステップ1 落とす

洗顔料「クレイウォッシュ」

汚れや古い角質にしっかり吸着しつつ、必要な皮脂は残し、しっとり洗い上げます。
すっと伸びるテクスチャーでやさしい洗い心地です。

泡は立たないが特長で、クレイが毛穴の中の汚れを吸着して、きれいに落としてくれます。

鼻の頭に塗って入浴すると、イチゴ鼻が治りますよ。

ステップ2 うるおす

化粧水「QuSome ホワイトローション」

高い保湿力と美白効果を合わせ持った化粧水です。

ホワイトローションは透明のしっとりとした化粧水で、肌を明るくしてくれ、透明度が増します。

こちらが肌を明るくしてくれる成分です。

  • ホメオシールド(角質層を正常化する)
  • VCエチル(メラニン生成を抑制する)
  • ハイビゼル・インフラン(抗酸化・抗炎症)

ステップ3 整える

美容液「Cセラム」

ビーグレンの「cセラム」はピュアビタミンCを高濃度(7.5%)に配合した美容液です。

ソフトなピーリング作用で、古い角質やメラニンの排出を促します。
ビーグレン自慢のピュアビタミンCです。

超微小カプセルに包み込まれたピュアビタミンCが角質層の奥へ浸透していきます。

つけた瞬間にお肌がポッと温かくなるので、効いているんだなぁと実感します。

シミを薄くするのに有効な成分はハイドロキノンですが、ハイドロキノンの効果を高めるためにビタミンCが力を添えます。

ステップ4 消す

クリーム「QuSome ホワイトクリーム1.9」

ハイドロキノンが角質の奥まで届き、シミにダイレクトに効きます。

「QuSome ホワイトクリーム1.9」にはハイドロキノンが1.9%配合されています。

他メーカーでハイドロキノンが4%配合されたクリームがありますが、やはり作用が強いので肌に負担をかけてしまいます。

「QuSome ホワイトクリーム1.9」はハイドロキノンが1.9%なので低刺激なのですが、実際の効果はビーグレン独自の浸透テクノロジーQuSomeにより、ハイドロキノン4%と同等の効果があるんです。

ステップ5 守る

クリーム「QuSome モイスチャーリッチクリーム」

シワやたるみに効くエイジングケアクリームで、高い保湿力でハリと弾力がよみがえります。

リッチクリームは深いしわやたるみが現れる年齢肌の女性のためのエイジングケアクリームです。
美白しながら、エイジングケアもできます。


シミ 予防 化粧水

アスタリフト ホワイト

シミ 予防 化粧水

美白化粧品は一年じゅう使ってこそ効果が現れます。
そして、美白化粧品の真価は「予防」に現れるんですね。

できてしまったシミを薄くするのは、時間も手間もかかります。
また、肌質によっては刺激が強いハイドロキノンが使えないこともあります。

敏感肌の方が美白ケアを始めるなら、アスタリフトホワイトがおすすめです。

美白ケアの基本はシミをつくらないという「予防に専念すること」です。

アルブチンの働き

アスタリフトホワイトを使って毎日のお手入れをすれば、紫外線から肌を守って、シミを予防できます。

アスタリフトホワイトはシミを薄くしながら、美白成分「アルブチン」がこれからできるシミも予防してくれます。

アスタリフトホワイトで毎日、美白ケアを続けてみてください。

気がついたら肌色がワントーン明るくなり、シミが目立たなくなりますから。

ジェリーアクアリスタ

セラミド入りの先行美容液「ジェリーアクアリスタ」は肌の土台を作ります。

ジェリーアクアリスタに配合されているWヒト型ナノセラミドで肌がうるおいます。
これで乾燥知らずの肌になれます。

ブライトローション

美白化粧水「ブライトローション」には美白有効成分のアルブチンが配合されています。

アルブチンは厚生労働省が認めた美白成分です。

エッセンスインフィルト

美白美容水の「エッセンスインフィルト」には、美白化粧品には欠かせないビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体はシミを予防し、できたシミにも効果を発揮する美白成分です。

美白クリーム

「美白クリーム」にもアルブチンが配合され、メラニンの生成を抑えて、シミを防いでくれます。

UVクリア美容液

「UVクリア美容液」(化粧下地)はアスタキサンチン配合で、日焼けから肌を守ってくれます。


シミ 予防 化粧水

シミを予防する食べ物

シミ 予防 化粧水

紫外線の影響でできてしまったシミには、シミに効く栄養素を摂り、身体の内側からケアしていくのが効果的です。

シミに効く食べ物を積極的に食べると、シミのない美肌が目指せます。

体をつくるのは食べ物です。
シミのない肌も、食べ物がつくってくれます。
食べることって、思っている以上に大事なんですよ。

できてしまったシミには、シミに効果的な栄養素を摂り、内側からケアしていきましょう。

シミに効く栄養素の食べ物

シミ 予防 化粧水

紫外線対策は食べ物から始めましょう。

美肌作りには欠かせない栄養素であるビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、リコピンなどがシミ対策にも効果があります。

さらに、シミの原因になるメラニンの生成を防ぐためには、抗酸化作用のある成分が多く含まれている食べ物が効果的です。

抗酸化食品とは?

シミ 予防 化粧水
酸化とは?

リンゴを切っておいておくと、酸化して茶色に変色していきます。
また、鉄は酸素に触れることで酸化し、サビて茶色くなります。

同じように、空気を吸うことで人の体も酸化して老いていきます。

人の体が酸化すると、シワやシミ、くすみ、たるみなどの肌悩みが増えて、肌の老化が進みます。

その酸化を止めてくれる食べ物が抗酸化食品なんです。

抗酸化食品を摂ると、アンチエイジング作用で老化がゆるやかになり、シミ予防や改善にも効果があります。

抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類、ミネラル類や、美容効果で話題のカロテノイドなどが挙げられます。

パプリカ、トマト、ホウレンソウ、ミカンなど濃い色の野菜やフルーツを選べればたくさんカロテノイドを摂ることができます。

トマト

健康・美容に欠かせない栄養素の宝庫とも言えるトマト。

ビタミンCはもちろん、抗酸化作用の高いビタミンEやリコピンも多く含まれています。

ブロッコリー

レモン果汁100gあたりのビタミンCの含有量は50mgです。
レモンと比較してみると、ブロッコリーの100gあたりのビタミンCの含有量は120mgもあります。
2倍以上ですね。

ブロッコリーにはβカロテンや葉酸、ルテインなどの美容によい成分もたくさん含まれています。

にんじん

にんじんに含まれるβカロテンは、皮膚や粘膜を正常に保つ作用があります。

また、老化の原因となる活性酸素を抑える効果もあります。

かぼちゃ

かぼちゃにはビタミンCやβカロテンの他にも、抗酸化作用に優れたビタミンEやポリフェノールなどが豊富に含まれています。

ほうれん草

ほうれん草には鉄分が多く含まれているのですが、ビタミンCやβカロテンなど、美肌作りに欠かせない成分も多いんです。

柿は1個で必要なビタミンCを摂取できてしまうほど、ビタミンC含有率が高く、美肌対策に有効な果物です。

玄米(発芽玄米)

発芽玄米は白米よりもビタミンやミネラル、食物繊維の含有率が高いです。
食物繊維が多く、便秘が改善されます。

代謝がよくなるので肌状態も良くなり、肌色が明るくなります。

発酵食品

発酵食品はアミノ酸やビタミン類をバランスよく含んでいます。
微生物の働きによってビタミンが増え、さらに体に吸収されやすい形になっています。

発酵食品は乳酸菌が豊富で整腸作用があり、肌がきれいになります。

緑茶

緑茶にはビタミンC、ビタミンE、βカロテンが多く含まれていて、特にビタミンCは煎茶や玉露茶に多く含まれています。

ビタミンCには、シミの元になるメラニンの合成を抑える作用がるので、積極的に飲みたいですね。

シミを予防するサプリ

シミ 予防 化粧水

SIMIホワイト 公式サイト

初回限定 2,868円

「SIMIホワイト」は日焼け止めにもなる、シミを薄くしてくれる医薬品です。

メラニンの抑制、沈着、排出を促してくれる、シミ消しのための飲み薬なんです。

どんなに紫外線対策をしていても、肌に当たる紫外線を完全に防ぐことはむずかしいんです。
外出をしても、家の中にいても、ついうっかり日焼けをしてしまいますよね。

SIMIホワイトは、できたシミを薄くしてくれるのはもちろんですが、予防もできる医薬品です。

SIMIホワイトのおすすめポイントは、シミを改善してくれて、さらに飲む日焼け止めの役目もしてくれるところです。

医薬品なので安心して飲めます。
子供の日焼け対策や、妊娠中、産後のケアもOKなんですよ。

ビタミンCとL-システインの働き

できたシミを治したいなら、ビタミンCとL-システインの両方を取ることがポイントになります。

L-システインは過剰にできたメラニン色素を無色にし、肌の代謝を正常にしてくれます。

また、アスコルビン酸(ビタミンC)はメラニン色素の生成を抑えてくれます。

しみやそばかすを薄くするには、L-システインとビタミンCを確実に摂る必要があります。

特におすすめしたいのはL-システインの配合量が多い医薬品です。

SIMIホワイトは、医薬品のみ配合できるL-システインを最大量の240mg配合しています。

L-システインやビタミンCは厚生労働省から効能を認められている美白成分です。

本気でシミを消したいなら、医師が認める医薬品(L-システインとビタミンC配合)を選んでくださいね。

SIMIホワイトはシミを消しながら、飲む日焼け止めの役割もしてくれますから。


シミ 予防 化粧水

紫外線対策で美白!

シミ 予防 化粧水

骨粗しょう症が気になる年齢になってくると、「少しは日に当たらないと骨が弱くなるのでは?」と、考える方がいます。

紫外線により、ビタミンDが活性化されて、これが骨を作るときに必要なのは事実です。

しかし、それは栄養事情が悪くて「くる病」になる人がいた昔の話です。

くる病とは、北欧など冬場に日の当たる時間が短い地方に多かった、骨が発育しない病気です。
今は、活性型ビタミンDを薬で取れる時代になっています。

特に日本では、どんなに日焼け止めを塗っても、紫外線を完全に防ぐことは不可能に近いのです。

その、わずかな紫外線でも、ビタミンDの活性化には充分だといわれています。

紫外線のメリットは、ビタミンDの活性化のみで、あとは皮膚の老化、光発がん、白内障など、害ばかりです。

紫外線は「百害あって一利なし」と考えて、できるだけ当たらないように、紫外線対策をする方が賢い生き方なんですよ。

紫外線は曇りの日こそご用心

シミ 予防 化粧水

直射日光がきついと、紫外線を意識して日陰に入ったり日傘をさしたりして用心しますが、曇りの日は何となく紫外線が弱そうで、油断してしまいます。

特に、冬場は暖かい日光に当たって「暖かい~」なんて、油断にもほどがあるようなことをしてしまいます。

実は曇りの日でも、紫外線は快晴の日の60~80%くらいはあるんです。
油断禁物ですよ!

さらに、薄曇りの状態で、雲のすき間から強い日差しがはいるようなときは、快晴の日よりも紫外線量は多いんです。

雲による反射によって紫外線を余分に受けるらしく、プラス30%は紫外線量が増えます。
薄曇りは快晴の日より要注意なんですね。

だから、紫外線は曇りの日こそご用心!なんです。

UVBとUVA

シミ 予防 化粧水

紫外線(UV・Ultra Violet )には「UVB」と「UVA」があります。

UVB

UVBは皮膚や目に有害で、肌の表層にダメージを与えて炎症を起こし、日焼けの原因となります。

SPF(Sun Protection Factor)はUVBを防止する効果を表します。数値が高いほど効果が高くなります。

UVA

UVAは肌の奥まで到達し、肌の弾力を保つコラーゲンを変性させます。

UVAはガラスを通過しますので、室内での日焼けにも注意してくださいね。

普通の窓ガラスは紫外線を70%くらい通してしまいます。
UVカットのカーテンをかけたり、屋内でも日焼け止めを塗るなどの対策をしましょう。

PA

PA(Protection Grade of UVA)はUVAを防止する効果を表わします。

効果の高さは「+」から「++++」の4種類で表され、「+」の数が多いほどUVAの防止効果が高くなります。

紫外線で起こる肌荒れとは?

シミ 予防 化粧水

紫外線はしみ・そばかすはもちろん、シワやたるみなど肌老化を早めてしまう原因になります。

紫外線は美肌の大敵ですよ。
肌老化は紫外線による光老化が大半です。

だから、年をとっても、光が当たりにくい肌(内ももや胸のあたり)はとてもきれいです。

紫外線を繰り返し受けてしまうと、肌はダメージを防ぐために、肌の表面を余分な角質でおおって角質肥厚の状態にしようとします。

また、肌の内部はバリア機能が低下して水分が蒸散しやすくなるため、より乾燥が進みます。

そのため肌表面のキメが乱れて、ゴワゴワ・ガサガサとした肌荒れを起こします。

紫外線の影響で角質が肥厚すると、毛穴が詰まりやすくなり、皮脂がうまく排出されずにニキビができやすくなったりします。

さらに、酸化した皮脂は毛穴を刺激してニキビを増加させたり、炎症を起こして回復を遅らせたりします。

 

スポンサーリンク


紫外線が強い時期とは?

(日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ) 

シミ 予防 化粧水参照:気象庁HP

一年を通して7月8月の夏が一番

紫外線が一番強い時期は、一年を通して7月8月の夏なのですが、意外と春先から紫外線の量は増えていきます。

次に5月と6月の紫外線が強く、4月9月、3月10月の順に紫外線が弱くなっていきます。

紫外線の量は3月頃から急に増えてくるので、出来れば3月から10月ごろまで日焼け止め対策を万全にやりましょう。

紫外線対策としては、日焼け止めクリーム、長袖、アームカバー、サングラス、日傘などを上手に利用して、紫外線を避けてください。

顔にはもちろん、日焼け止めクリームや日焼け止め成分が入った化粧下地を塗ることをおすすめします。

紫外線量が多い時間帯は?何時まで?

シミ 予防 化粧水

1日の中で紫外線のピークは、午前10時~午後2時の間とされています。

また、夕方の紫外線量も意外なほど多く、日焼け止めが必要なほど降り注いでいます。
夕方だからといって、油断してはいけません。

ピークの時間帯を過ぎれば紫外線量は少しずつ減っていきますが、いきなりゼロになるわけではないからです。

  • 15時頃の紫外線量はピーク時間帯(10〜14時)の約半分の量
  • 16時頃の紫外線量はピーク時間帯(10〜14時)の約3分の1

夕方の日射しでも、肌に影響を与えるほどの紫外線が降りそそいでいるんですね。

反対に、1日の中で紫外線量が少ない時間帯はこちら(夏でも冬でも)

  • 朝の6時〜8時ごろ
  • 夕方の4時から6時ごろまで

しかし、弱いといっても紫外線は出ています。
紫外線対策をきちんと心がけることが大切ですね。

「夕方だから」
「気温低いし、日差しも弱いから」
といった油断は禁物ですよ。

日焼け止め乳液やオールインワンジェルなど、日焼け止め効果が含まれたスキンケアアイテムで対処しましょう!

夕方などの外出には、日焼け止め乳液の上からフェイスパウダーなどで軽く抑えるだけでも、しっかりと日焼け止め対策になります。

オーガニック化粧品HANAの「ウェアルーUV」

シミ 予防 化粧水

おすすめの日焼け止め乳液はオーガニック化粧品HANAの「ウェアルーUV」です。

ウェアルーUVは、肌にも環境にもやさしい「SPF30 PA++」です。

ウェアルーUV は100%オーガニックの美容成分とミネラルパウダーでできた国産日焼け止めで、この1本で日焼け止め、美容液、化粧下地、ファンデーションの役割を果たしてくれます。

石けん洗顔で簡単に落とせるのも嬉しいですね。

ウェアルーUVの使い方

ウェアルーUVはオーガニックの日焼け止めのなかでも白浮きしづらいのが特長です。
光の反射をうまくコントロールしてくれるので、お肌をきれいに見せてくれます。

私は白い肌にあこがれているので、ピンクベージュで違和感はありませんでしたが、冷静に見てみるとイエローベージュが合う肌色をしているようです。

もともと、イエローベースの肌色ですから、イエローベージュのほうがチュラルに仕上がります。
やはり、日本人にはイエローベースの肌色が多いということでしょうか。

色選びで迷ったら、2色使いもおすすめですよ。

ベースに新しい色のイエローベージュを塗り、目の下や頬の高い位置にピンクベージュををハイライトのように使って塗ります。

これで、立体感のあるメイクができあがります。

反対に、全体にピンクベージュをベースにして塗り、顔の輪郭に沿ってイエローベースを塗ると、小顔効果が高まります。立体感もありますし、2色使いはおすすめのメイクテクニックです。

ウェアルーUVはオーガニックで、ノンケミカルのお肌にやさしい日焼け止めです。

普段使いの日焼け止め化粧品はノンケミカルタイプを選びましょう。
お肌にやさしいからです。

紫外線吸収剤不使用と書いてあるものがノンケミカルの日焼け止めです。


シミ 予防 化粧水

まとめ

シミを何とかしたいなら、「美白成分」は欠かせません。

医薬部外品の化粧水は、通常美白成分を含んでいるので信頼できますが、そうでないものは裏書きなどを見て、美白成分がきちんと配合されているかどうか、確認しましょう。

美白成分にはハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸などがあります。
覚えておいてくださいね。

そして、抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミン類を摂りましょう。
抗酸化物質は紫外線が生み出す活性酸素を除去してくれます。

食事で抗酸化物質を摂り入れると、紫外線だけでなく、老化も防いでくれるんですよ。

 

シミを消すには、美顔器もおすすめです。

「美顔器のおすすめ」ではたくさんの美顔器を紹介しています。

美顔器は種類が多くて、どれを選んだらいいのかわかないときに参考にしてくださいね。
シミ取りの美顔器は、シミを薄くしてくれるだけでなく、肌が若返りますよ。

「美顔器のおすすめ」TOPページで探してみてくださいね。